レビトラ通販・海外版の正規品を格安でゲット!製造中止にも対応

レビトラ通販のメリットに笑顔の男性

レビトラを通販で買ってみよう!と思い立ったものの、通販サイトがたくさんありすぎて、「どこで」「いくらで」買えば良いのか迷ってしまいますよね。レビトラの通販サイト選びには、迷わず簡単に解決できる方法があります。

この記事では、海外のバイエル薬品が製造販売する、正規品のレビトラを購入できるサイトを紹介します。とにかく早く欲しい!というあなたのために、即日発送に対応するおすすめの通販サイト情報も公開します!

レビトラは通販で購入!正規品が格安

スマホを操作する男性の手元

海外の医薬品通販サイトから、海外外製のレビトラを購入する方法を紹介します。レビトラは、日本国内であれば、医師の処方が必要な医薬品です。個人輸入代行サイト活用することで、国内の通販と同じように、簡単で便利に購入できます。

海外製のレビトラを通販する方法

レビトラはED治療薬の一種です。本来であれば、医師の処方が必要な医薬品ですが、通販(個人輸入代行)を利用すれば、海外から取り寄せることができます。

海外から通販すると聞くと、面倒な手続きが必要な気がして、イマイチ試してみる気になれないかもしれません。

海外通販を代行してくれる業者がすべての手続きを代わりに行ってくれます。日本国内から、パソコンやスマホを使って、レビトラを簡単に通販できるのです。通販を利用するには、個人輸入代行業者のサイトを利用しましょう。

薬の通販オンラインでは、レビトラ20mg(4錠入り1箱)が、7,180円から注文できます。

通販サイト自体の使い方は、国内の楽天やアマゾンといった一般的な通販サイトと同じです。

通販サイトで「レビトラ」と商品検索したり、商品の一覧からレビトラを選択します。注文したいレビトラの容量や個数を選んでから、支払い方法や届け先など、必要事項を入力すれば完了です。医薬品販売業者とのやりとりは、通販サイト側が行ってくれます。

レビトラの通販は、注文者自身が使用することが前提となるので注意が必要です。レビトラの転売・譲渡は、薬機法の違反となります。通販は、あくまでも自分が使用する目的で利用しましょう。

レビトラの購入についてさらに詳しく読む
レビトラの購入方法・通販と病院を比較

レビトラを通販するメリット

レトビラは、基本的には病院でもらう薬です。医師から処方せんをもらい、院内か薬局で購入することになります。

通販を利用するメリットのひとつは、病院行かずに、いつでもどこからでもレビトラを注文できること。家族にも知られずに、こっそり受け取れることです。

ED(勃起不全)はデリケートな問題です。そのため、病院に行って診断を受けるのがどうしても恥ずかしくてできない、という人もいるでしょう。また、日頃は忙しいため、病院に行く時間が思うように取れないという人もいるでしょう。

レビトラの通販に興味を持っている人のなかには、「勃起不全の薬を使っている事実を家族に知られたくない」と考える人もいるのではないでしょうか。そんな人は、商品の受け取りに、郵便局留を選ぶといいでしょう。自動で自宅に届けてもらうのではなく、商品が到着したらあなた自身のタイミングで郵便局まで受け取りに出向くことができます。

通販のもうひとつのメリットは、病院でレビトラの処方を受けるよりも、薬代が節約できることです。

病院を受診した場合、薬代だけでなく、診察料や検査料がかかります。通販ではそういった費用はかかりません。また、通販で販売されている海外版のレビトラなら、病院で処方されているものとパッケージが異なるだけで、非常に安価です。

医薬品の海外通販サイトは、国内の一般的な通販サイトと同じようなサービスを提供しています。まとめ買いをすることで料金が割引されたり、購入金額に応じてポイントが付与されたりします。

このように、通販を利用する利点はたくさんあります。もちろん、サイトはすべて日本語に対応しているので、英語がわからなくても安心してください。

レビトラの偽物や悪質なサイトに注意

レビトラが通販で購入できるのは非常に便利です。しかし、いくつかの注意点もあります。

通販サイトの中には、詐欺目的の悪質なサイトも少なからず存在します。このようなサイトを利用してしまうと、商品が届かなかったり、違う商品が送られたりして、代金を騙し取られてしまう可能性があります。

また、通販で流通している薬のなかには、偽造薬が紛れている可能性も捨て切れません。偽造薬を使ってしまうと、EDが治療できないだけでなく、重い健康被害を被る危険性があるのです。

通販で購入した薬には、「医薬品副作用被害救済制度」が適用されません。医薬品副作用被害救済制度とは、処方された薬が原因で重い副作用がでた場合、治療費が給付される制度です。通販で購入した薬によって健康トラブルが起こっても、医薬品副作用被害救済制度は適用されないので注意しましょう。

特にレビトラを初めて利用する場合は、まずはED専門の医師に診察してもらいましょう。自身の既往歴などを把握した上で、レビトラを飲んでも問題が出ないか、チェックすれば安心です。

通販にはメリットとデメリットがあります。口コミ等を参考にしながら、信頼性の高いサイトを選びましょう。当サイトでも、おすすめの通販サイトを紹介していきます。

レビトラとは

辞書
レビトラは、勃起不全(ED)の症状の治療に用いられる、勃起を補助する薬です。バイアグラの次に発売されたため、第二のED治療薬と呼ばれています。

飲んでから効き目があらわれるまでの時間が短い、何度利用しても効果が弱まるようなことはない、といった特長を持っています。

レビトラの効果

バイエル製薬が開発したレビトラには、勃起改善の有効成分としてバルデナフィル塩酸塩水和物(以下、バルデナフィル)が使用されています。

レビトラを服用すると、摂取してから20分ほどで体内に成分が巡って、40分後から50分後には、薬の効果が最も強くあらわれます。レビトラよりも早く発売されたバイアグラに比べ、効果があらわれるタイミングが早くなっているのが特長です。

また、レビトラはバイアグラに比べ、食事の影響による効果の減退も少ないのです。このため、バイアグラのデメリットを補うED治療薬として人気を集めています。

レビトラの効果が持続する時間は、10mg錠なら5時間くらい、20mg錠なら7時間から最大で10時間ほどです。

レビトラを飲むだけで勃起するの?とレビトラの効果を勘違いする人がいますが、これは誤り。あくまで、性的な興奮を覚えたときに、勃起をしやすくなる、スムーズな勃起を補助する医薬品に過ぎません。

レビトラの効果についてさらに詳しく読む
レビトラの効果・20分でフル勃起

レビトラの飲み方

レビトラは、性行為に向けて飲むタイミングの自由度が高い商品です。

レビトラよりも先に発売されたバイアグラは、食事の影響を大きく受けます。そのため飲み方に気を使って、どうしても空腹時に服用する必要がありました。

レビトラは食事の影響を受けにくいため、食後に飲んでも効果が得られます。また、レビトラを服用してから、早ければ15分ほどで勃起が促進されるため、性行為の前に飲みさえすればよいのです。飲み方やタイミングが自由なので、非常に便利です。

やはり勃起を促す作用が最高潮のタイミングが知りたいもの。レビトラを飲む、ベストのタイミングは、性行為の45分前です。

45分前というタイミングは、レビトラの成分が血液中に行き渡る、最高血中濃度で判断できます。レビトラの最高血中濃度は、「0.7~0.9時間」。つまり42分後から54分後あたりなのです。性行為を行う45分前に服用すると、ベストな勃起が期待できるでしょう。

なお、食事の影響も受けにくいというだけで、全く受けないわけではありません。ベストな飲み方を目指すなら、空腹時で45分前に飲む、ということを理解しておきましょう。

レビトラの副作用

レビトラは副作用が非常に少ない薬です。また、軽い副作用が起きても、効果がなくなる数時間後には収まります。

よくあるレビトラの副作用は、顔のほてりや目の充血。頭痛や動悸、鼻づまりなどがあげられます。

レビトラを飲んで性行為をした際、顔が火照って暑くなるのは、性行為自体で普段より興奮することに加え、軽い副作用があらわれている証拠です。

こうした症状は、レビトラの作用で血管が拡がるため、いつもより血流が活発になることで起きます。誤解を恐れずに言うなら、レビトラが正常に効いていれば、多少は顔のほてりや鼻づまりが起きる、くらいに思っておくと良いでしょう。

軽い副作用は服用している人の多くにあらわれるものです。必要以上に心配する必要はありません。

なかにはレビトラの成分、バルデナフィルが合わない、というひともいます。レビトラを飲んでいて副作用が強く出る、副作用が気になるといったときは、他のED治療薬に変えて試してみましょう。

レビトラの併用禁忌薬

レビトラを利用するなら、一緒に飲んではいけない薬、併用禁忌薬があります。他の薬の成分が、レビトラの作用をさらに強めることで、思わぬ危険が起きてしまうことがあるので注意しましょう。

そもそもレビトラは、陰茎の血管を拡げて、陰茎の血流を良くすることで、勃起を促す薬です。血管を縮める薬を併用すると、互いを打ち消し合います。逆に、血管をさらに拡げる薬を併用すると、極端に血圧が低下することがあるのです。

レビトラと併用禁忌・血圧を下げる薬
不整脈の治療薬・アミオダロン
肺高血圧症の治療薬・アデムパス
レビトラと併用注意・肝臓の代謝を阻害する薬
C型肝炎の治療薬・リトナビル
抗ウイルス薬・ケトコナゾール

医薬品ではないものの、レビトラと一緒に摂取すると、副作用のリスクが高まる飲食物にも注意が必要です。

果物のグレープフルーツに含まれるフラノクマリンという成分は、レビトラを代謝する酵素の働きを弱めます。副作用が出やすくなるので、グレープフルーツとの併用はできるだけ避けましょう。

また、血液の流れを活発にするという点では、アルコールの摂取もあまり歓迎できません。

レビトラの評判と口コミ(2019年版)

実際にレビトラは勃起の回復に効果があるのか、一般の皆さんのレビトラの評判や口コミを、ツイッターやインスタグラム、ヤフー知恵袋などから抜粋してまとめました。
レビトラの効果はどのくらい?バイアグラと違いはあるの?といった、利用者の評判やリアルな体験談も参考にしてください。

ツイッターでのレビトラの評判・口コミ

Yahoo!知恵袋でのレビトラの評判・口コミ

EDに悩んでいてレビトラという薬を試そうか迷っているんですが、 ご意見を聞かせ…

2018/12/1712:34:42(hjo********さん)
EDに悩んでいてレビトラという薬を試そうか迷っているんですが、ご意見を聞かせて下さい!

ベストアンサーに選ばれた回答
2018/12/2312:27:13(sha********さん)
レビトラはバイアグラと双璧を成すEDの薬です。常習性もないし副作用も一時的に体が熱くなるくらいで問題ないですよ。
最近までレビトラの製造元が生産を中止していたので枯渇していて入手が困難ですがユナイテッドクリニックでは供給しているようです。浜松町第一クリニックやイースト駅前クリニックではレビトラの10mgしかないみたいです。
5mg、10mg、20mgの3種類ありますが、基本は20mgを使うのが一般的です。注意点として人工透析をしていたり、狭心症の治療をしていたりすると使えません。
血圧の薬とか糖尿病程度だったら平気ですけど、おくすり手帳を持参してクリニックに相談したらどうでしょうか?因みに私はユナイテッドクリニックでレビトラを出してもらってすごく効きました。

参照元:EDに悩んでいてレビトラという薬を試そうか迷っているんですが… – Yahoo!知恵袋

レビトラが製造中止

2018年のはじめ、レビトラは市場で品薄状態に陥りました。これは、レビトラの製造元であるバイエル薬品工場の工事があった影響です。

一説によれば、米国食品医薬品局(FDA)から、レビトラの成分(バルデナフィル)以外の成分が混入しているという指摘を受け、生産ラインの整備を行ったとされています。

2018年末から2019年はじめ、生産がやっと再開されたのもつかの間、2019年3月には再度の出荷が停止されました。3月の供給一時停止は、バイエル薬品から公式にリリースがあったように、大きな影響が出ています。日本国内のクリニックでも、在庫が少なくなり、販売を停止する事態が起きたのです。

2019年6月時点でも、公式に生産再開のリリースは出ていません。レビトラが入手困難になる可能性も出てきました。

レビトラの製造中止についてさらに詳しく読む
レビトラが製造中止?販売再開はいつ?

「自分にはレビトラが合っているのに、在庫がなくなったら困る!」というひともいるはずです。でも大丈夫、心配はいりません。そんなときにおすすめしたいのが、レビトラと同じバルデナフィルを有効成分とする、レビトラのジェネリック薬の活用です。以下で詳しく解説します。

レビトラのジェネリック「バリフ」は激安

スマホを指差す男性
レビトラに同じくらいおすすめなのが、レビトラのジェネリック医薬品です。レビトラの有効成分・バルデナフィルが、別の医薬品に流用された後発品で、レビトラよりも非常に低価格で手に入ります。日本国内ではレビトラの後発薬は販売されていないため、レビトラの通販と同様に、海外の通販サイトに注文して入手するのです。

レビトラと同じ効果でジェネリックは安い

ジェネリック医薬品とは、元の薬(先発薬・新薬)と同じ効果を持ちながら、価格がより安い薬のことです。

有効成分をいちから開発して作られたレビトラは、「新薬」と呼ばれます。レビトラのジェネリック医薬品は、レビトラの販売が開始された後に、有効成分のバルデナフィルが流用された薬です。「後発薬」とも呼ばれます。

そもそも新薬の有効成分の開発には、莫大な費用が必要です。そのため、新薬の値段には、有効成分の開発費や宣伝費が上乗せされています。

一方、ジェネリック医薬品は、新薬に使われている有効成分をそのまま使っています。開発費がかかっていない分、新薬よりも安く販売することができるのです。

レビトラの有効成分・バルデナフィルには特許が認められ、一定期間は、バイエル薬品がバルデナフィルを独占的に販売できます。特許が切れると、バルデナフィルを使った薬を、他のメーカーも製造、販売できるようになります。レビトラのジェネリック医薬品とは、特許が切れたバルデナフィルを、別のメーカーが使って作った薬、ということです。

もとの有効成分が同じなので、ジェネリック医薬品も、基本的な効果は先発薬と同じです。ただし、添加物や製造工程に違いがあります。添加物や製造工程も同じ、ジェネリック医薬品は「オーソライズド・ジェネリック」と呼ばれます。

レビトラのジェネリック医薬品の値段は、レビトラに比べて大幅に安いため、そのぶん効果も弱いのでは?と思う人もいるかもしれません。しかし、有効成分は同じバルデナフィルなので、レビトラと同等の効果を発揮します。飲み方も副作用も変わりません。

レビトラのジェネリックならバリフが人気

レビトラの処方には、健康保険が適用されません。病院では1錠あたり1500円から1800円で処方されます。また、国内ではレビトラのジェネリック医薬品は取り扱われていません。

レビトラは、EDを完治させる効果はなく、あくまで、一時的に勃起ができるようになる薬です。性行為の度に飲む必要があります。そのため、EDの治療費は、人によっては大きな負担となるでしょう。

海外では、レビトラのジェネリック医薬品が販売されています。

レビトラのジェネリック医薬品の中でも、特に有名なのが「バリフ」です。バリフはインドのムンバイに拠点をおくアジャンタファーマ社が製造販売しているインド製の薬です。

他にも「ビリトラ」「ジェビトラ」など、様々なジェネリック医薬品が存在します。

実は、レビトラの有効成分「バルデナフィル」の特許はまだ切れていません。そのため、日本でもレビトラのジェネリック医薬品は作られていません。インドの製薬会社だけが、例外的にレビトラのジェネリック医薬品を製造しています。

インドでは、特許に関する事情が特殊なものとなっています。2005年以前は、有効成分の特許が認められず、既存の薬のジェネリック医薬品を自由に製造することができました。法律が改正され、現在はインド国内でも有効成分に対する特許が認められています。一方、2005年以前から作られていたジェネリック医薬品は、製造、販売が許されることになりました。

海外通販でレビトラジェネリックを購入

レビトラのジェネリックが入手できれば、EDの治療費を大幅に抑えることができます。しかし残念ながら、日本国内の医療機関ではまだ販売されていません。

レビトラの購入方法と同じように、海外の通販サイトを活用すれば、レビトラのジェネリック医薬品を手軽に入手することができます。

注意しなくてはいけないのは、ネットで流通している薬の中には偽造薬が混じっているということです。大手サイトは安心感がありますが、時には品切れとなっていることもあり、あまり知名度の高くないサイトで購入してしまう人もいます。

信頼性の低いサイトを選んでしまうと、お金を騙し取られたり、偽造薬による健康被害を被ったり可能性もありますので、注意が必要です。

通販サイトを選ぶときは、豊富な実績があるところ、正規品保証のあるサイトを選びましょう。

通販できるレビトラのジェネリック薬は、1箱単位で注文できます。1箱以上をまとめて注文(まとめ買い)しておくと、価格が割引されます。頻繁に薬を使う人は、ある程度の数量をまとめ買いしておくとよいでしょう。

国内の通販サイトと同じ感覚で利用できますが、通販とはいえ商品は海外からの発送となります。余裕を持って注文しておくことがおすすめです。