レビトラはどこで購入できる?病院と個人輸入について解説!

薬局でレビトラの処方を受ける男性

レビトラは「医療用医薬品」ドラッグストアやamazon、楽天では売ってない

食品や電化製品、生活必需品など、様々なものを通販で購入しているという人も多いのではないでしょうか。

しかし、amazonや楽天などの通販サイトはもちろん、身近にあるドラッグストアでも購入することができないものがあります。それは医療用医薬品です。

一般用医薬品と呼ばれる薬は、amazonや楽天といった通販サイト、ドラッグストアで購入できます。しかし、医療用医薬品は医薬品医療機器等法という法律により、購入するためには医師からの処方せんが必要となっています。

医療用医薬品は、副作用のリスクが高いために、簡単には購入できないようになっているのです。

何らかの医薬品を服用している人や、何らかの疾患がある人が、自己判断で薬を使うと、重い健康トラブルに見舞われる恐れがあります。

レビトラは、EDの治療に有効な薬です。一方、用法・用量をきちんとまもらないと、治療に失敗したり、重い副作用が起こる可能性があります。また、持病や体質によっては使うことができません。そのため、レビトラを使うには、医師の処方が必要なのです。

レビトラは病院やクリニックで処方を受ける!安全だけどコストがかかるのがデメリット

レビトラは、医療用医薬品に指定されています。そのため、購入するには病院を受診し、医師の処方を受けるしかありません。

病院では、医師の診察や検査が行われます。持病や体質、症状からEDと診断されると、レビトラが処方されます。

ただし、病院やクリニックを受診する時間がないという人もいるでしょう。また、自分がEDであることを人に知られるのがどうしても嫌だという人には、病院を受診するのは大きな負担となるかもしれません。

そのような場合には、オンライン処方に対応している病院やクリニックを利用することをおすすめします。

オンラインで全ての手続きができるので、病院に行く必要がありません。通院の手間が省け、自分の病気を他の人に知られることもありません。また、クレジットカードでの支払いが可能です。

利用の際には、服用中の薬の情報や問診票への入力や、保険証の登録などが必要となります。

また、医薬品の購入代金の他に診察料や送料がかかります。トラブルを防ぐためにも、あらかじめ分からないことや気になることがあれば確認をしましょう。

オンライン処方を受けることができるのは、オンライン処方を受け付けている医療機関を1度受診したことのある人です。初診の人は利用することができないので、注意が必要です。

レビトラは個人輸入を使えばネットで買うこともできる!病院より安くて楽

レビトラなどの医療用医薬品を安く購入したいという人が利用するケースが多いのが、個人輸入という方法です。

個人輸入はその名の通り、購入した本人が個人的に使用することを目的として、医薬品を海外から輸入することです。

個人輸入代行サイトを利用すれば、通販感覚で買い物ができます。海外の業者と直接手続きをする必要はありません。

個人輸入なら、処方せんは必要ありません。また、診察料もかかりません。まとめ買いやポイン還元などのサービスがあるため、病院で処方を受けるよりも安く薬を入手できます。

自宅以外の場所で受け取りたいという場合、サイトによっては郵便局留めに対応しているところもあります。

個人輸入は、費用の節約とプライバシーの保護という点で、病院よりも利便性があります。

しかし、個人輸入代行サイトの中には、詐欺目的の悪質なサイトが存在するので注意が必要です。また、個人輸入で購入した医薬品の中には、偽造薬が紛れている可能性があります。

偽造薬を使うと、重い副作用が起こる恐れがあります。

日本国内で販売されている医薬品を使用し、重大な健康被害が生じた場合には、「医薬品副作用被害救済制度」が適用されます。しかし、個人輸入など、海外から個人的に購入した医薬品によるトラブルには、この制度は適用されません。