バリフ(レビトラジェネリック)

バリフの最安値と相場価格を徹底検証!

「バリフの相場っていくら?どこで売ってるの?」

バリフは生産中止となっており、買えるサイトが限られています。また、サイトによって値段もまちまちで、相場もわかりにくいです。

でも大丈夫です!ここのサイトでは、相場価格をしっかりと調査してあります。この記事では、以下の3点がわかります。

この記事でわかること

  1. バリフの1錠あたりの相場
  2. バリフ1箱あたりの相場
  3. バリフの節約テクニック

バリフの1錠あたりの相場は300円

バリフの1錠あたりの価格は、相場だと300円が1つの目安です。これが個人輸入代行サイトを選ぶ際の基準になります。

厚生労働省の認可を得ていないので、日本での流通はなく、国内の通販などで購入することは不可能です。

その為、個人輸入代行サイトを頼ることになりますが、あまりに安すぎる価格で取り扱うサイトには注意が必要です。

後発薬なので、価格がオリジナルより安いのは当然ですが、他のサイトと比べてもあまりにも安すぎる場合、偽物の可能性があります。

偽の薬は、使われている成分が違っていたり、本物と同じ成分を含んでいても量が少なかったりします。 もし、偽物に有害物質が含まれていた場合、健康被害が生じることも考えられます。

いずれにしても、偽物は健康リスクがつきものなので、信頼できる個人輸入代行サイトから入手することが重要です。

個人輸入は本人の責任に基づくので、仮にもし偽物を掴んでしまっても、誰かに責任を取ってもらうことはできません。また、保障などもないのです。

偽物を買うリスクを遠ざける意味で、相場に目を通しておくとよいでしょう。バリフは1錠298円が目安です。セールなどのはっきりした理由なく、これよりも極端に安ければ偽物の可能性があります

バリフ1箱あたりの相場は3,000円前後

バリフは1箱あたりの相場が3,000円前後です。

あんしん通販薬局だと、20mgが10錠入りで1箱2,980円となっています。 1錠あたり298円の計算です。10mg入りは取り扱いがありませんが、量が多いと感じた場合は、半分に割って飲むことになります。

アイドラッグストアーは20mg錠が1箱1,200円で販売されていましたが、現在は取り扱いが終了しています。購入そのものが不可能なのです。一方、先発品のレビトラは入手可能です。また、 オオサカ堂でも、10mgと20mg錠剤とも、取り扱いが終了している状況です。

バリフは製造終了が決まっていたので、流通在庫がなくなったのです。

このように、バリフは買える通販サイト自体が限られていて、在庫が残っているお店も今後は価格が上がると考えられます。

2,980円かそれに近い価格で買えるとしたらラッキーと思いましょう。また、まとめ買いを検討して在庫を確保するのがベターです。

10mg錠は流通自体がありません。20mgで効果が強かったら、錠剤を半分に割って使うとよいでしょう。

在庫に余裕があるあんしん通販薬局も、将来的にはいずれ減少し、売り切れになります。 在庫や流通状況を考慮すれば、今のうちに可能な限りまとめ買いしておくのが良いでしょう。

バリフの節約テクニックってあるの?

バリフを節約するテクニックとしては、1箱あたりの価格がお得になるまとめ買いがお勧めです。

まとめて買うなら割引率の良いあんしん通販薬局が狙い目です。20mg錠を7箱購入すると1箱あたりの価格が2,000円を切ります

欲しいのが10mgで、20mgだと多いという人は、ピルカッターで分割するとよいでしょう。

ピルカッターは名前の通り、錠剤を分割する為にあるツールで、ハサミや普通のカッターを使うよりも綺麗に割ることができます。

錠剤の位置を合わせて垂直に力を加えられますから、細かく崩さずに分割可能です。言うまでもなく、厳密に成分量が半分になるわけではありませんが、許容できる誤差なので心配無用です。

日本人の体型ならバリフ10mgで十分な作用に期待できるので、ピルカッターによる分割を前提に購入するのが得策です。

まとめ買いの恩恵が得られるので、バリフを購入するならあんしん通販マートが有力候補です。

あんしん通販マートは知名度、実績共に優れており、日本語対応や速やかな発送など、何処を取っても信頼できます。そして何よりも、他の通販で取り扱いが終了している中、今でもバリフを購入できるのが魅力的です。

お試しで1箱のみ買ってみるのもありですが、2箱でもお得になりますし、3箱4箱と増やせば更に魅力が増します。

今後バリフは在庫切れになる可能性があります。そのため、今のうちにまとめ買いをするのが合理的でしょう。