レビトラの効果・20分でフル勃起

レビトラの効果・20分でフル勃起

レビトラの効果で20分後には勃起

レビトラの有効成分はバルデナフィルで、バルデナフィル塩酸塩水和物のうち90%以上を有効成分で占めています。

バルデナフィルの特長として、水に溶けやすい点が挙げられます。この性質は他のED治療薬の成分にはありません。バルデナフィルは、服用から20分ほどで作用し始め、40分から50分で効果が最大になります。他のED治療薬に比べて、即効性が高いのが強みです。

レビトラは、バイアグラに比べて、食事の影響を受けにくいのも強みです。もちろん全く影響がないわけではありません。脂肪分は、腸内に膜をつくります。一方、レビトラは小腸などから体内に吸収されます。脂っこいものを食べすぎてしまうと、レビトラの吸収が脂の膜で妨げられてしまうので注意が必要です。

薬物動態によれば、効果の持続時間は、10mgならば5時間、20mgなら7時間から10時間です。体調によって効き目が異なることがあので、あくまで基準と考えましょう。効き目が足りないからといって過剰に服用すると、思い副作用が生じる可能性があります。

レビトラは、処方している病院と処方していない病院があるので、事前に確認しておきましょう。レビトラの扱いの有無は、医療機関のホームページで確認できます。

レビトラの効果・作用は血管の拡張、女性には効果なし

レビトラは、血管を広げることで、EDを改善する薬です。

レビトラが陰茎を勃起させるプロセスについて見ていきましょう。

陰茎の内部には、海綿体と呼ばれるスポンジ状の組織があります。海綿体の中に血液が充満することで、陰茎が膨らみ、勃起が成立します。

性的刺激や興奮によって一酸化窒素が放出されると、細胞内に「cGMP」と呼ばれる物質が増加し、血管が拡張します。血管が広がることで、海綿体に血液が流れ込み、陰茎が勃起するのです。

「PDE5」と呼ばれる酵素がcGMPを壊すことにより、海綿体の血管が収縮し、勃起がおさまります。

レビトラは、PDE5を阻害する作用があります。cGMPの働きが助長されることで、正常な勃起が促されるのです。

レビトラは陰茎の血管を広げることで、勃起を促す薬です。性欲を高める催淫効果はありません。そのため、女性が飲んでも効果はありません。一方、プラセボ効果で、性的興奮が高まる可能性もあります。

EDは男性だけの悩みではなく、パートナーとして女性も悩んでいるケースが少なくありません。レビトラは、あくまでも勃起した際に補助してくれる医薬品に過ぎず、服用したからといって勃起するわけでないのです。性欲が増強したり性的興奮作用もありませんので、目的と効果は正確に把握して服用しましょう。